申請者の皆様へ

評価方法

マイナンバー対応業務ソフトは、必須項目すべてについて、ソフトウェア機能として実装されていることを、申請者が記入した申請様式と、当該機能に関する試験文書によって評価機関がチェックします。

申請された製品が開発中で試験文書が存在しない場合には、β版による稼働確認、もしくは要求仕様書や機能設計書を確認することで「実装予定製品」として認証します。
ただし、試験文書による確認ができなかった機能は「実装予定」としてSAJホームページに公開され、製品としてリリース後、実機による実装確認を実施したうえで「実装予定」を削除します。

申請様式類

書類名 様式 記入例
認証申請書
機能・評価対象対応表
秘密保持契約書  
Web公開用シート

申請方法

上記書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、製品カタログ(PDF)とともにPSQ認証室までご送付ください。

送付先・お問合せ
一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ) 
PSQ認証室
E-Mail psq_info@saj.or.jp
TEL: 03-3560-8440

申請手数料

■1製品あたり 30万円(税別)

※PSQ認証取得済み製品については、10万円(税別)にて承ります。ただし、メジャーバージョンアップを伴う場合はPSQ更新評価申請手数料が加算されます。

※本認証とPSQ認証の新規申請を同時に行う場合は、PSQの評価の中でマイナンバーの表を同時に実施します。

■認証更新に係る事務手数料  1製品あたり 5万円(税別)

  • 別途、交通費を請求する場合がございます。
  • 一旦、支払われた申請手数料は、申請を取下げた場合でも返金いたしません。

PSQ認証制度とは

国際規格であるISO/IEC25051:2014に準拠したソフトウェア製品品質の第三者適合性評価となります。
詳しくはこちらをご参照ください

PAGE TOP