PSQ認証制度について

PSQ認証制度は、一般社団法人ソフトウェア協会(以下「SAJ」)が、国産既製ソフトウェア製品の品質の高さを世界で通用することを証明するために制定した認証制度で、国際規格であるISO / IEC 25051:2014を評価基準として参照して構築した品質認証制度です。
認証制度には自社で完結する簡易認証、ドキュメントによる第三者認証、実機検証による第三者認証まで簡易なレベルから、より高度な評価・認証までラインナップ化している。

認証制度ラインナップ

PSQ-Lite<簡易認証> NEW
PSQ-Standard<評価機関によるドキュメントでの第三者認証>

PSQ-Premium<独立評価機関による実機検証での第三者認証> NEW

【Column】ソフトウェア品質はなぜ重要なのか?<連載>

 この度、PSQ認証室ではソフトウェアの品質についてわかりやすく重要性を説明するために、業界の著名人に執筆を依頼して連載コラムを公開する企画をお送りします。ソフトウェア開発の中でも重要度は高くとも知る機会が少ない「ソフトウェア品質」を身近な事例をもとに著名人が解説いたします。ソフトウェア業界の職務に従事するすべての皆様にわかりやすくお伝えしますので、是非ともご一読ください。

  • 第1弾 ソフトウェア製品の品質は評価できるか?~ソフトウェア製品の品質要求及び評価の方法~
    執筆者:東 基衞氏(早稲田大学名誉教授/元ISO/IEC 250nn SQuaRE (ソフトウェア品質要求および評価)シリーズ統括エディタ)

    はじめに
     私達が何か製品を購入するために、幾つかの候補製品からどのように選定しているのでしょうか? 例えば500円以下のお菓子やお弁当を買う場合にはそれほど考えるまでもなく、過去の経験や評判をもとに決めています。しかし自動車や情報システムのように複雑で高額な商品の評価を行う場合には高度な知識と技術が必要になります。
    続きはこちらへ

  • 第2弾 テーマ未定(秋季掲載予定)
    執筆者:鷲崎 弘宜氏(早稲田大学理工学術院基幹理工学部教授/グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長)
  • 第3弾 テーマ未定(冬季掲載予定)
    執筆者:込山 俊博氏(日本電気株式会社/ISO/IEC/JTC1/SC7/WG6 Convener)

評価基準<国際規格ISO/IEC25051:2014

「製品説明(カタログなど)と利用者用文書類(マニュアルなど)とソフトウェアの機能が一致していることを確認できること」が要件となります。品質ライフサイクルの観点では企画から廃棄までの範囲で品質を考えることもありますが、 PSQ認証制度では組織能力や管理プロセスは評価対象ではありません。

このPSQ認証制度は、SAJ会員企業に限定することなく、申請することが可能となっています。
ご検討されている企業におかれましては、是非申請下さいますようお願い申し上げます。

PSQ-Lite

国産既製ソフトウェア製品の品質を証明するために制定した認証制度です。国際規格であるISO/IEC25051:2014の理念に則り、パッケージソフトやクラウドアプリケーション等のプロダクト/サービスに対する簡易認証を行うことで品質を示すことのできる取組です。

PSQ-Standard

既存のPSQ認証制度におけるPSQ認証の名称変更です。内容については今まで同様の国産既製ソフトウェア製品の品質を証明するためのプロダクト認証です。今年度より、評価機関に先に相談していただき、認証手続きをするという手順となりました。

PSQ‐Premium

国際規格であるISO/IEC25051:2014のJIS版JISX25051/2016に則り、実機テストを含む第三者評価を実施。国際相互承認と日本における今後のJISマーク適用を念頭に、既存のPSQスタンダードの上位に位置付けた認証制度です。今後体制を整備し実施予定

  • 認証製品一覧
評価機関承認申請について
  • 各種規定ダウンロード、評価機関一覧
認証制度関連委員会について
  • PSQ認証制度委員会
     ソフトウェア品質向上研究会
  • PSQ技術委員会
  • PSQ判定委員会

PSQ認証制度Facebookページ

Facebookページを開設しました。
PSQ認証制度ポータルサイトと連動して、認証制度の最新情報をお届けします。

お問い合わせ・お申込み

一般社団法人ソフトウェア協会
PSQ認証室
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル4F
03-3560-8440

E-mail:psq_info@saj.or.jp

PAGE TOP