コラム一覧

コラム「専務のツブヤキ」(SAJ 専務理事 笹岡 賢二郎)

~令和4年度予算の注目点は財政の単年度主義の弊害是正~
 

 新年明けましておめでとうございます。ただ、新年早々オミクロン株の蔓延で、1月9日から沖縄、山口、広島に「まん延防止等重点措置」が発令されました。そのため、当初1月19日に予定されていた当協会の賀詞交歓会も通常開催は中止し、デジタル庁副大臣をお招きして協会幹部による新年座談会に変更せざるを得ませんでした。昨年11月末に開催した協会名称変更パーティーの時の東京都の新規感染者は一桁台でしたので、オミクロン株の感染の急拡大ぶりには驚くばかりです。最近は、通勤電車もコロナ前並みに結構混んでいてテレワークに後戻り感が出てきていることや行動制限の緩和が影響しているような気がします。協会としても引き続きテレワークの推進でこの第6波を乗り切っていきたいと思っております。私が申しあげるのも僭越ですが。会員各社の皆様におかれましても、今一度、感染防止策の徹底に留意して頂くことが肝要かと思う次第です。

(2022年1月15日更新)

コラム「愛と繁栄を実現する経営改革」(CSAJ 監事 公認会計士 戦略経営コンサルタント 山田隆明)

今こそ存在意義(ミッション)を再確認し、ピンチをチャンスに変える。

 コロナ禍の影響で格差が開いています。勝ち組はますます好調に、負け組はますます厳しく。
厳しいからといって、手をこまねいていても仕方ありません、何か手を打たねば。
今こそ原点に戻って「自社の存在意義(ミッション)」を見直してみてはいかがでしょう。

(2021年1月1日更新)

コラム「経営に役立つ会計」(CSAJ 監事 公認会計士 山田隆明) ※連載終了

「これまでのまとめ~次号からリフレッシュスタート~」

これまで5年にわたり「経営に役立つ会計シリーズ」をお届けしてまいりましたが、前回号で私の最もアピールしたかったいわば集大成を執筆し終えましたので、来月からはタイトルを「愛と繁栄を実現する経営改革(仮)」に変更して一段と実戦的な内容にリフレッシュいたします。みなさまの経営実務のヒントに役立てば幸いです。
(2015年10月1日更新)

PAGE TOP