一般社団法人ソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. ニュースリリース >
  4. 【ニュースリリース】「学校×IT変えよう運動」をスタート!

ニュースリリース:
学校教育のDX化を応援する「学校×IT変えよう運動」をスタート!

2021.07.19

~GIGAスクール構想の本格化に際しSNS「#IT保護者の会」で意見募集~

 

一般社団法人ソフトウェア協会(住所:東京都港区、会長:荻原 紀男(株式会社豆蔵K2TOPホールディングス 代表取締役社長)、略称:SAJ、以後SAJ)のプログラミング教育委員会(委員長:田中 邦裕(SAJ 筆頭副会長/さくらインターネット株式会社 代表取締役社長))は、学校教育全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を応援する「学校×IT変えよう運動」を7月19日からスタートします。

2019年、これからのSociety5.0※時代を生きるすべての子供たちの可能性を引き出し、個別最適な学びと協働的な学びを実現することを目的とし、児童生徒「1人1台端末」と「高速大容量通信ネットワーク」を一体的に整備する「GIGAスクール構想」が閣議決定されました。今年は、小中学校において1人1台端末環境下での学びが本格的にスタートする「GIGAスクール元年」と言われています。その一方で、教育関係者や学校に通う子供を持つ保護者からは「端末やアカウント管理の作業など、教育現場の負担が大きい」「端末のセキュリティポリシーが厳しくて、アプリの配置すら変えられない」「端末の利用が学校内に限定されている」といった端末の問題から、「欠席連絡をいまだに連絡帳で近くの子に持って行ってもらわなければならない」「学校からの連絡が紙媒体ばかりだ」といったデジタル化に対する疑問の声などを耳にしました。

SAJのプログラミング教育委員会では、このような状況を課題と認識し、教育関係者や学校に通う子供を持つ保護者など学校教育に携わるすべての方のDX化を応援することを目的に、「学校×IT変えよう運動」を立ち上げました。「学校×IT変えよう運動」では、第一弾として「GIGAスクール構想」だけでなく「プログラミング教育」、「校務の効率化」など、学校全体のDX化に関する悩みや課題を共有する場として、Twitterハッシュタグ「#IT保護者の会」を用意しました。ぜひ、「#IT保護者の会」をつけて、悩みや課題などの意見をお寄せください。

「#IT保護者の会」をつけて、共有された意見は、SAJのプログラミング教育委員会で共有するとともに、ソフトウェアの業界団体として行えるサポートを検討・実施していく予定です。

「#IT保護者の会」投稿例

学校×IT(デジタル化)にかかわる、身近な出来事(不便なこと・びっくりしたこと・変えてほしいことなど)をSNSに投稿!課題や成功事例など、みんなで情報を共有して、デジタル化を促進させよう!

保護者目線の投稿例

先生目線の投稿例

参考資料