【Online開催】生産性向上支援訓練 第1弾
「プロジェクト管理技法の向上」

2022年6月20日

主催:人材委員会

SAJでは、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(以下、JEED)生産性向上人材育成支援センター(以下「生産性センター」)の実施する、在職労働者の労働生産性向上を目的とした「生産性向上支援訓練」について、事業取組団体として選定を受け、人材委員会主催としてSAJ会員企業の皆様に対しての研修を企画・開催しています。

第1弾となる今回は、初めてのオンライン開催を致します。一昨年も大好評でした「プロジェクト管理技法の向上」の2日間研修として、プロジェクトタイプを再考し、的確な業務指示を行うとともに人材を育成する、「型」に固執しないプロジェクト管理とマネジメントの習得を目的とした研修を開講する運びとなりました。通常より大変安い価格にて、研修を受講できますので、奮ってご参加ください。

「プロジェクト管理技法の向上」研修講座

本研修講座では、プロジェクト管理技法を理解することで、仕事の段取り力を高めるとともに、的確な業務指示を行うための手法を習得することが目的です。

研修講座詳細

研修講座 「プロジェクト管理技法の向上」
~これからのプロジェクトマネージャに求められるもの~
研修日時 2022年8月2日(火)10:00~17:00(内休憩1時間)
2022年8月3日(水)10:00~17:00(内休憩1時間)
内容(予定)

1.プロジェクトの進め方
(1) プロジェクトマネジメントとは何か
   PMBOKガイド第7版概要のキャッチアップ
(2) プロジェクトのアプローチ
   ウォーターフォールとアジャイル、ハイブリッド等プロジェクトアプローチの特性
   アジャイルソフトウェア宣言と12の原則
(3) プロジェクトのアプローチ
   プロジェクトのコンテキスト(状況)をもとに、アプローチを選定


2.プロジェクト管理技法のポイント
(1) プロジェクトと価値
    ゴールとニーズ
    リスク選好
(2) スクラムと契約
    スクラムの進め方
    アジャイル型プロジェクトでの契約
(3) リーダーシップスタイル /プロジェクトパフォーマンス領域
    リーダーシップスタイルのテーラリング
(4) マイルストンの活用
    マイルストンはプロジェクトの制約であることを理解する
    マイルストンの適切な設定、運用のポイントを学ぶ
(5) プロジェクトの成功に向けた成長
    これからのプロジェクトマネージャーに求められるもの
    PMBOK第7版の原理原則の理解

演習:1 プロジェクトマネジメントの課題を共有する
   2 マイルストンリストの作成"

応用:【1】アジャイルの誤解と解決策
   【2】プロジェクトアプローチの選定
   【3】リーダーシップスタイルの選定

講師 志村 智子氏(株式会社インフォテック・サーブ)
配信場所 一般社団法人ソフトウェア協会 会議室
東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル3F
受講料 5,500円(税込)/1名
対象 エンジニア、リーダー、マネージャー、IT営業職、管理者など
定員 20名(1社から複数名参加可能です)※最少催行人数:15名
催行人数に満たない場合は実施を見送ることがあります。
申込方法

下記、お申込ボタンよりお申し込みをお願いします。

または、以下の受講申込用紙をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、メール(gyoumu1@saj.or.jp)にて申込書の送付をお願いします。

生産性向上支援訓練受講申込用紙(PDF)

生産性向上支援訓練受講申込用紙(Word)

申込期限 令和4年7月26日(火)

講師紹介

志村 智子氏
[株式会社インフォテック・サーブ
2007年よりBA、PMP研修の講師業務をはじめ、大手コンサルティングファーム、SIerのアンダーで商社、重工業、金融等各種企業の基幹システム導入支援、内部統制、情報セキュリティ研修のコンサルティングなどを行ってきた。近年はリクルートコミュニケーションズ株式会社において社内マネジメント研修を開発、講師として登壇するほか、(株)インフォテック・サーブに所属し、iCD(i コンピテンシ・ディクショナリ)を用いた人材育成コンサルタントとして活動中。「受講生が眠るのは、講師の責任」をモットーに研修ではわかりやすく、興味を引く内容とすることを心がけている。米国PMP®2006年取得、IIBA CBAP®2014年取得。

参加お申し込みフォーム

お問い合わせ

一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)
担当:横井
e-mail:gyoumu1@saj.or.jp
TEL:03-3560-8440

お問い合わせフォーム

PAGE TOP