モバイルソリューション研究会

田中 啓一
田中 啓一

主査:田中 啓一(日本事務器株式会社 代表取締役社長)

モバイルデバイスを含むマルチプラットフォーム環境で稼働するアプリケーション開発を行うための技術(Web, ネイティブ)について、研究・調査・情報配信を行う。また、デバイスやソリューションの視点からIoTについて、アプリケーションの視点からはユーザビリティ(UIとUX)について、関連技術の研究・調査・情報配信を行う。

  • マルチプラットフォーム環境アプリ開発、IoT、ユーザビリティ(UIとUX)、AI音声アシスタント、AR/MR/VR関連技術の最新動向に関するセミナー/説明会/勉強会の開催
  • CEATEC JAPAN 2018での企画セッションの実施および報告
  • これからモバイルアプリ開発に取り組むエンジニアを対象とした、支援活動および試用開発環境の提供活動
  • 他団体とのコラボレーション企画

お知らせ

  • 技術
「モバイルアプリケーション技術最新動向調査~AR/VR・UX~」実施報告
  • 技術
「モバイルアプリケーション技術最新動向調査」実施報告
  • 技術
「モバイルアプリケーション技術最新動向調査」報告公開

研究会等参加登録

平成29年度活動報告

主査:田中 啓一(日本事務器株式会社 代表取締役社長)

モバイルソリューションに関する、開発技術や動向を会員企業とそのエンジニアへ向けて様々な形で提供しビジネスの一助すること目的としています。

  • モバイルデバイス(*1)やウェアラブルデバイス、AI音声アシスタントを含むIoTデバイスなどで動作するアプリケーションの開発技術の調査・研究・情報発信 (*1)マルチプラットフォーム環境含む
  • モバイル、ウェアラブル、IoTをシステムから活用するためのバックエンドサービスやハブ機能などのスタンダード動向の調査・研究・情報発信
  • モバイル、ウェアラブルなどはで欠かせない、ユーザビリティ(UI/UX)動向の調査・研究・情報発信

平成28年度活動報告(平成28年12月現在)

主査:田中 啓一(日本事務器株式会社 代表取締役社長)

  • モバイルデバイスを含むマルチプラットフォーム環境で稼働するアプリケーション開発を行うための技術(Web, ネイティブ)について、研究・調査・情報配信を行う。

  • また、デバイスやソリューションの視点からIoTについて、アプリケーションの視点からはユーザビリティ(UI/UX)について、関連技術の研究・調査・情報配信を行う。

CEATEC JAPAN 2016のカンファレス枠を利用して、最新技術動向について企画~実施した。会員限定コンテンツを含む情報を公開。(詳細は後述の「CEATEC JAPAN 2016関連業務」を参照)

セミナー

  • GoogleI/O・WWDC Tech Trend Catch Up ~Google、Appleのこれからの最新テクノロジー~
    会期:平成28年7月12日(火)15:00~17:00

  • Android/iOSセキュアコーディング入門~セキュアなAndroid/iOSアプリ実装のポイントを比較説明~
    会期:平成29年1月12日(火)16:00~17:00(終了後、懇親会実施)

PAGE TOP