【Hybrid】Microsoft における生成 AI
その活用の最前線と可能性

2023年12月20日

主催:技術委員会

技術委員会では、IT・ソフトウェア関連技術の最新動向について、会員企業をはじめとする皆様に情報発信しています。

今回は7月に開催した「AI 新時代の「かけはし」となるマイクロソフトの取り組み」セミナーの続編として、生成AIをより具体的に活用する方法について、技術的な側面から、生成 AI の開発パターン、先進的活用例としての具体的なプロンプトなどについて、日本マイクロソフト株式会社様より、ご紹介いただくはこびとなりました。

 SAJセミナールームとオンラインを併設したハイブリッド開催となります。ご興味のある方をお誘い合わせの上、お申し込み下さい。

概要

日  時 2024年02月29日(木) 15:00~16:30
会  場 SAJセミナールームまたはオンライン
※オンライン参加の方には開催前日に、セミナー登録用URLをご案内いたします。
対  象 SAJ会員限定(技術職向け)
参 加 費 無料
定  員 SAJ会場:15名
オンライン:150名
※但し定員になり次第、締め切ります
申込方法 本ページ下方の「お申込み」よりご登録ください

プログラム

時間 内容
15:00~15:03 事前説明(受講留意点等)
15:03~16:30

Microsoft における生成 AI - その活用の最前線と可能性

冒頭で MicrosoftのAI戦略と生成 AI に関する最新情報について紹介した後、生成 AI 適用のトレンドを理解していただくため、多くの企業で取り入れられている 生成 AI の開発パターンや、より先進的な活用例のいくつかを具体的なプロンプトなどと共に紹介します。

※プログラムは、進行状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

講師略歴

伊藤 信博(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 統括本部長)

1993年 明治学院大学国際学部卒業、同年 日本NCR株式会社入社。航空や通信業界向けデータウェアハウス提案の営業活動を経て、1999年 日本マイクロソフト株式会社へ転職。
日本、韓国、アメリカ、シンガポールを拠点として、マーケティング、営業、技術啓発チームを18年間リード。アジアにおけるAIやIoT等の最先端技術を活用したDXプロジェクト経験をもとに、2018年より、飲食サービスおよびホスピタリティ事業を展開する日本企業のChief Digital Officerとして、DXをリード。2022年5月より、現職。

松崎 剛(日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 パートナーソリューションアーキテクト)

1994 年、大手電機メーカーの情報システム部門に入社し、以後、子会社で当時のマイクロソフト分散コンポーネント技術である COM を使った製品開発などを実施し、CORBA 等の分散処理技術に関する研究会での活動や書籍翻訳などを実施。2002 年にコンサルティング会社に入社し、パッケージ導入のテクノロジー支援に従事した後、2005 年に日本マイクソフトに入社し、オフィス製品の開発技術やアイデンティティ基盤を使った開発技術のエバンジェリストを経て、現在、AI 関連のパートナー向けの技術支援をおこなう。

お申込み

以下の「お申込みフォーム」より対象セミナーを選択の上、ご登録をお願いします。

お申込みフォーム

お問い合わせ

一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)
事務局 若生 お問い合わせフォーム

PAGE TOP