【Online開催】生産性向上支援訓練
 第4弾「データサイエンス入門」
~データの魔法を解き放つ~

2023年10月12日

SAJでは、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(以下、JEED)生産性向上人材育成支援センター(以下「生産性センター」)の実施する、在職労働者の労働生産性向上を目的とした「生産性向上支援訓練」について、事業取組団体として選定を受け、人材委員会主催としてSAJ会員企業の皆様に対しての研修を企画・開催しています。

第4弾となる今回は、「データサイエンス入門」の2日間研修を開講致します。統計や数値の読み取りが苦手な方でも統計の基礎知識を習得し、自社にてデータの読み取りと活用が出来るようになることを目的としたコースとなります。

通常より大変安い価格にて、研修を受講できますので、奮ってご参加ください。

研修講座詳細

研修講座 「データサイエンス入門」
~データの魔法を解き放つ~
研修日時 2023年11月21日(火) 10:00~17:00(内休憩1時間)
2023年11月22日(水) 10:00~17:00(内休憩1時間)
内容(予定)

1. データサイエンス概論
 1)データの種類
   世の中にあるデータ(数値)にも種類があることを認識し、どのように分類されるかを理解する
   データの種類を覚えることによって、統計基礎知識を覚える前の準備段階を形成する

 2)妥当性と信頼性
   数値やデータを活用する際に、どの程度数値を信頼して良いかの指標や考え方を知り、
   適切な状況把握や今後の方針策定を正しく行えるようになる
   
 3) データの要約と表現(代表値)
   平均値と中央値の違いや、耳にするが難しいと思われがちな標準偏差や分散について、
   統計に使用される代表値についての理解を深める

 4)確立と標本と標本採取
   数学的な確立と統計の違いについて知り、標本の抽出方法の違いによって何が変わるのかを理解できるようになる

2.データリテラシー
 1)グラフによるデータの表現
   各グラフ表現の特徴を抑え、使用するデータ種別によって適切なビジュアライゼーション手法を
   選択出来るようになる。

 2) 代表値と分布の読み取り
   演習を通じ、グラフ化されているデータから何が読み取れるかを考え、
   他人とのデータの見え方や活用の違いについて触れる

 3) 標本とバイアス
   標本におけるバイアスが無意識にかかっていることを認知し、普段から潜んでいるバイアスについて理解する
 
3. データサイエンスの手法
 1) 量的な2変数の関わり
   量的な2変数に関わりがあるか確かめるために散布図や相関を使用して、2数の関係性を確かめることが出来る

 2) 相関と因果
  相関と因果の繋がりについて理解し、相関について正しい認識を得る

 3) 質的な2変数の関わり
   クロス表とは何かを知り、実際に作成と数値の読み取りが出来るようになる

 4)データ分析の流れ
  PPDACサイクルとは何かを知り、自社の業務で活用できそうな事例に当てて考えてみる

 5)事実とデータの解釈
  解釈と事実の使い分けに注意しながら、データから読み取れる内容から解釈と事実について
  他人に共有できるようになる

【研修のポイント】
データには様々な種類があり、そのデータから企業は戦略を形成する。そのためにもデータや数値が何を表しているかの基礎を理解しないと分析手法やP値などの話が出てもイメージが沸かない方が多い。しかし、企業のDX化が進むにつれてデータはどの企業でも扱うようになる中で、データについて知識のない方や基礎から学びたい方に向けたExcelでも作業が出来るデータサイエンスの入門として提供する。

講師 佐々木 淳 氏(株式会社Globable)
開催方法 オンライン(ZOOMミーティング)
※研修1週間前にURLをお送り致します。
配信場所 一般社団法人ソフトウェア協会 会議室
東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル3F
受講料 5,500円(税込)/1名
対象 中堅層
定員 20名(1社から複数名参加可能です)※最少催行人数:10名
催行人数に満たない場合は実施を見送ることがあります。
注意事項 ★本申込書にご記入いただいたお客様の個人情報は、SAJ及び生産性センターにおいて、生産性支援訓練に関連する事項にのみ使用いたします。
★同時双方向通信による生産性向上支援訓練利用規約のURL(事業取組団体方式)https://www.jeed.go.jp/js/jigyonushi/q2k4vk000000v87c-att/q2k4vk000003ojz1.pdf
★開催前15日以降のキャンセルは受付出来かねます。代理受講または一部受講にてご対応をお願いします。
申込期限 11月7日(火)まで
※Webから申込ができない場合は、 こちらの申込用紙 をダウンロードし、gyoumu1@saj.or.jpまでお送りください。

参加お申し込みフォーム

研修の進行について

【研修資料】
 研修1週間前にPDFをお送りさせて頂きます。
 プリントアウトして受講に臨むよう、お願い致します。
 
【使用ツール】
 Webブラウザ(Edge・Chromeなど)、Excel(マクロ使用不可でも問題なし)、Zoom

【グループワーク】
 ブレークアウトルームを使用し、グループワークを行います。
 同じ企業からの参加者は、離れる様に設定させて頂きます。
 欠席、途中退席などでグループのメンバーが変更になる可能性もあることをご了承ください。

【休憩】
 1時間に1回10分程度の休憩を挟みます。
 お昼休憩は1時間です。(予定12:00頃~13:00)

【受講者アンケート及び事業主アンケートへのご協力】
 研修後、受講者アンケートへのご回答にご協力をお願いします。
 受講者アンケートは研修受講前日にメールで送付致します。事業主アンケートは、研修受講後2~3か月後に
 お申し込み担当者宛に、受講してどのような効果があったかアンケートを送らせて頂きますので、
ご回答にご協力をお願い致します。

講師紹介

佐々木 淳氏
[株式会社Globable

2018年4月株式会社Globable入社。入社後、企業向け研修や教育機関向けサポートの企画・運営に講師として関わる。主にITやデータ分析分野の学生から社会人向けの教材作成も担当している。2020年より、厚生労働省「就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業」において、ネットワークやプログラミングに関する講義を担当し、教材やテストの作成から講師だけでなく、講座全体の運営管理に関わる。また、国内最大手小売業のデジタルマーケティング担当者向けに、統計学講座を提供Excelによるデータ分析だけでなく、データ準備・加工から数学的背景まで幅広く講義を行うなど、着実に講演実績を積み、難しいテーマでも「わかりやすく」「実践につかえる」生きた情報を伝えると定評がある。

お問い合わせ

一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)
担当:横井
e-mail:gyoumu1@saj.or.jp
TEL:03-3560-8440

お問い合わせフォーム

PAGE TOP