U-22プログラミング・コンテスト2022 スポンサー募集!!

2022年1月6日

(更新:2022年3月8日)

U-22プログラミング・コンテスト2022開催に先立ち、コンテストを支えていただくスポンサー企業を募集します。

GIGAスクール構想により、1人1台のPC端末とネットワークが整備され、2022年4月からは高校でも情報Ⅰがスタート、2025年には大学入学共通テストにも「情報」科目の追加が予定され、「プログラミング」は必須スキルとしてとらえられてきています。
しかし、一方では、テストで用いられるのは記述式言語のDNCLであり、我々が求める本来のプログラミングスキルではありません。

当コンテストは「プログラミング」を用いて、自らの自由な発想・アイデアを形にし、身の回りの課題を解決したり、「プログラミング」が好きで、夢中になって開発に取り組む若者を応援するコンテストです。
最終審査会では制作者本人が作品概要・特徴・アピールなどをプレゼンテーションで発表します。参加者の中には、ユーザテスト・検証・改善を繰り返し、ユーザビリティも考慮された、いつリリースしてもおかしくない作品や、既に実際に公開してユーザーに利用されているアプリケーションなど、毎年多くの視聴者から好評の声をいただいてます。

協賛企業においては、優秀な人材の確保、認知度・企業イメージ・ブランドの向上、社会貢献など、協賛ランクに応じて、複数のメリットがあります。
また、上位ランクのスポンサ―の場合は、相談に応じて、自社に有用な新たな協賛メリットを付与することも可能です。(詳細は「U-22プログラミング・コンテスト2022 スポンサー資料」参照)

国内外で活躍する次世代の若者たちを一緒に応援し、盛り上げていきませんか?
たくさんのお申込みお待ちしてます。

2021年受賞者一同によるオンライン集合写真

U-22プログラミング・コンテストとは

国内のIT産業の発展を視野に、アイデアに富んだIT人材の発掘・育成を目的として1980年から開催され、43回目を迎えます。
開催当初は経済産業省主催でしたが、2014年以降は民間に移行し、現在はコンテスト主旨に賛同した協賛企業中心に構成される「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」を主催として、歴史あるプログラミング・コンテストの継承しています。

【2021開催のスポンサー企業一覧】
(株)スマレジ、SOMPOシステムズ(株)、サイボウズ(株)、(株)オービックビジネスコンサルタント、さくらインターネット(株)、日本事務器(株)、(株)ピーエスシー、ピー・シー・エー(株)、(株)フォーラムエイト、(株)豆蔵K2TOPホールディングス、トレンドマイクロ(株)、(株)インテリジェント ウェイブ、(株)コーエーテクモホールディングス、コガソフトウェア(株)、ネクストウェア(株)、フリービット(株)

<2021プロコン応援団(小口協賛企業一覧)>
(株)インフォテック・サーブ、(株)ウチダ人材開発センタ、(株)内田洋行、(株)OSK、(株)キャリアブリッジ、(株)コスモ・コンピューティングシステム、(株)コラボスタイル、(株)SAKURUG、センターフィールド(株)、(株)創研情報、(株)ソフトクリエイトホールディングス、公益財団法人孫正義育英財団、TAC(株)、(株)TRADECREATE、日本ナレッジ(株)、(株)バーズ情報科学研究所、ベース(株)、(株)ミクロスソフトウェア、Mediamix, Ltd.、ヤフー(株)、弥生(株)、(株)ラネクシー、リーディングテック(株)、六元素情報システム(株)

募集スポンサー種類とメリット

内容/ランク ダイヤモンド
500万円
プラチナ
300万円
ゴールド
200万円
シルバー
100万円
ブロンズ
50万円
応援団
5万円
制作物社名掲載
(チラシ・ポスター・Webサイト)
ロゴ特大 ロゴ大 ロゴ中 ロゴ小 社名 社名
(Webのみ)
U-22メールマガジン広告枠 ヘッダ社名掲載
・概要・広告
社名・
概要・広告
社名・
概要・広告
社名・概要 社名・概要 社名
会社カタログ・ノベルティ配布
Web・SNS広告媒体ロゴ掲載
最終審査会特別講演枠提供
表彰式社名掲載
最終審査会社名掲載 ロゴ特大 ロゴ大 ロゴ中 ロゴ小 社名
実行委員会・審査委員会への参加
企業賞実施
最終審査会CM枠提供
会社見学・セミナーの実施
応募者へのコンタクト
(以下は新型コロナウィルス等の状況に応じて催行判断のうえ決定します)
最終審査会展示ブース 有償 有償 有償
最終審査会場カタログ設置
懇親会参加 5名まで 3名まで 2名まで 2名まで 1名まで

※スポンサーメリットは変更となる場合がございます。
※協賛金額は税抜表記です。

スケジュール(予定)

2月中旬 実行委員会開催
4月初旬 応募要領等公開
7月~8月 応募期間
9月中旬 事前審査
10月 一次審査会
11月 最終審査会

※上記スケジュールは変更となることがあります。

開催概要(予定)

名称 U-22プログラミング・コンテスト2022
対象 22歳まで(大学生含む)
各賞 経済産業大臣賞(※)、経済産業省商務情報政策局長賞(※)、スポンサー企業賞 等
主催 U-22プログラミング・コンテスト実行委員会
※ゴールドスポンサー以上で構成
後援(※) 経済産業省、文部科学省、総務省、国土交通省、(独法)情報処理推進機構、(一社)情報処理学会、(公財)孫正義育英財団 他
協力(※) (特非)ITジュニア育成交流協会、(一社)コンピュータエンターテインメント協会、(一社)情報サービス産業協会、全国ソフトウェア協同組合連合会、(一社)全国地域情報産業団体連合会、(一社)デジタルメディア協会、(一社)日本IT団体連盟、(一社)日本オンラインゲーム協会、(一社)日本教育情報化振興会、(一社)日本コンピュータシステム販売店協会、(特非)日本情報技術取引所、(一財)日本情報経済社会推進協会、(一社)日本情報システム・ユーザー協会、(一社)未踏、(特非)みんなのコード
運営事務局 U-22プログラミング・コンテスト運営事務局
((一社)ソフトウェア協会(SAJ)内)

※各賞および後援・協力は申請予定の官公庁団体名を記載しております。

2021年最終審査会(オンライン)の様子

審査会場の様子
製作者はオンラインでプレゼンテーション
質疑応答の様子
休憩中の協賛企業CM
協賛企業による特別講演
岩田経済産業大臣政務官メッセージ
結果発表の瞬間
経済産業大臣賞受賞者たち
表彰式(企業賞)
番組エンディングロール

協賛企業オンライン企画(2021年)

開催前プロモーション企画

オンラインハンズオンセミナー
ハンズオンセミナーグループワークの様子

終了後プロモーション企画

エンジニアパネルディスカッション
(スマレジ)
オンラインセミナー・ショールーム紹介(フォーラムエイト)

2019年最終審査会(現地会場)の様子

審査会風景
オンライン上で協賛企業CM配信
会場風景
表彰式(経済産業大臣賞)
表彰式(企業賞)
受賞者記念撮影

会社見学の様子(2019年)

サイボウズ(株)会社見学
さくらインターネット(株)会社見学
(株)フォーラムエイト会社見学
経済産業省関連表彰式

お問合せ・お申込方法

U-22プログラミング・コンテスト2022スポンサー(ダイヤモンド~ブロンズ)のお申込は以下より申込書をダウンロードし、必要事項にご記入のうえ、事務局宛に電子データのご提出をお願いします。

※開発環境提供・メディア協賛は随時受付中です。ご検討の企業は事務局へお問い合わせください。

プロコン応援団(小口協賛)も募集中!

多くの企業の皆様にもっと気軽にご参加いただきやすくするため、通常の「スポンサー」枠だけでなく、小口協賛枠「プロコン応援団」をご用意しています。詳細は以下リンクご参照いただき、お申込書をダウンロードのうえ、運営事務局(u22-info@saj.or.jp)宛にメールでお申込書をご送付お願いします。

プロコン応援団詳細はこちら

お申込書送付・お問い合わせ先

U-22プログラミング・コンテスト2022スポンサーに関するお問い合わせは以下にお願いします。

一般社団法ソフトウェア協会(SAJ)
U-22プログラミング・コンテスト運営事務局 若生・中野
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル
TEL:03-6435-5991 E-mail:u22-info@saj.or.jp

PAGE TOP